子供の包茎を未然に防ぐ方法を知っておきましょう!

子供のおちんちんに関する最も大きな問題とも言える包茎について、悩まれている親御様は少なくないと思います。ここでは、子供の包茎を未然に防ぐ方法について、ご紹介させて頂きます。

 

子供の包茎を未然に防ぐ方法

ご紹介する子供の包茎を未然に防ぐ方法は、子供が将来包茎にならないように多くの医師達によって考案された、トレーニング方法です。それでは、早速ですが、子供の包茎を未然に防ぐ方法をご紹介致します。

子供がオシッコをするためトイレに行くときに、オシッコを出しながらでも構いませんので、包皮を剥いて、元に戻すという運動を20回行います。

そして、この運動をご入浴の際等にも行い、毎日100回ずつを目安にして、繰り返していきましょう。たったこれだけです。

これを毎日繰り返していくうちに、包皮口が次第に緩んできます。そして、包皮を剥いた状態から自然に包皮が戻らなくなってきたら、包茎が改善したということになります。

注意点としてましては、包皮を剥いて亀頭を露出させたままの状態にしておかないということです。包皮を剥いたら必ず元に戻してあげて下さい。剥けているのが当たり前の状態になるまでの間は、亀頭は刺激に弱い状態ですので、亀頭が何かに触れる度に痛んだり、雑菌が入り込んでしまう可能性があります。

 

包茎を未然に防ぐことが出来なかった方は・・・

クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングをお使い頂きますことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態のまま維持させることが出来、体質や包茎の度合いによって異なりますが、次第に包皮が戻って亀頭を覆わなくなっていきます。

真性包茎や嵌頓包茎の方の場合は、キトー君やムケル君といった真性包茎や嵌頓包茎の方に向けて製造されている専門器具をお使い頂くことで、約2週間で狭い包皮口を無理なく拡げていくことが出来ますので、その後、クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングをお使い頂くことで、同様の結果を得られます。

成長が止まってからでも間に合います。是非、お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 1 =