包茎手術の種類の一つ「背面切開術」とは

一口に包茎手術と言いましても、様々な種類の術式があり、これを知らないことで、クリニック側に都合の良いものにされてしまいます。ここでは、包茎手術の種類の一つ「背面切開術」について、ご紹介させて頂きます。

 

包茎手術の種類の一つ「背面切開術」って?

背面切開術とは、男性器の背面部分の皮膚をメスで縦方向に切開してから、その部分を横方向に縫合することで、包皮の縦方向の長さを短く縮めて、亀頭を露出させるという包茎手術の種類の一つの術式になります。

このように、背面切開術は、一般的な包茎手術と比べて、包皮を切除する量が少ないため、縫合した箇所の回復が早いというメリットがあります。

ただ、背面切開術は、余っている包皮が多くない軽度の包茎の方の手術に用いられ、余っている包皮が多い重度の包茎の方ですと、背面切開術を行っても亀頭を露出させることが出来ない可能性がありますので、ご注意下さい。

 

包茎手術を受けなくても包茎を対処出来る方法

クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングをお使い頂きますことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態を維持させることが出来、体質や包茎の度合いによって異なりますが、次第にクマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングを外しても包皮が戻って亀頭を覆うことが無くなっていきます。

こうなりますと、仮性包茎ではなくなりますので、包茎手術を受ける必要も無くなります。包茎手術を受けようとお考えの方は、是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + seven =