仮性包茎による病気の一つ「尿路感染症」とは?

仮性包茎が原因の病気の中の一つに、排尿時に痛みが伴ってしまう尿路感染症という病気があります。ここでは、仮性包茎が原因の病気の中の一つである尿路感染症について、ご紹介させて頂きます。

尿路感染症とは

尿路感染症は「にょうろかんせんしょう」と読み、仮性包茎によって、亀頭や包皮の裏側で繁殖した雑菌が、尿路に侵入し、感染してしまうことで、排尿時に痛む、または、亀頭が赤く腫れ上がる、尿が臭くなる等、こういった症状が出てしまうという状態を指します。

尿路感染症は、包皮の内側と亀頭が雑菌の繁殖しやすい環境になっている仮性包茎の方が、感染してしまいやすい病気だと言われています。

尿路感染症に感染しないためには、男性器全体の表面だけでなく、包皮の内側、亀頭の隅々まで、綺麗に洗って毎日ケアしてあげることが大切になってきます。

仮性包茎で毎日ケアするのが面倒だと思われる方は

仮性包茎で毎日ケアするのが面倒だと思われる方には、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングがオススメです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + nine =