子供のおちんちんが腫れるのはどうして?原因は?

子供が生まれてから、大体3歳を過ぎた辺りから、おちんちんが腫れるという現象が起こることが起こってきます。ここでは、この子供のおちんちんが腫れるという現象について、ご紹介させて頂きます。

子供のおちんちんが腫れるのはどうして?

子供のおちんちんが腫れる現象の一つとして「亀頭包皮炎(きとうほうひえん)」という病気が挙げられます。

この亀頭包皮炎というおちんちんの病気は、おちんちんの皮(包皮)と、おちんちんの皮の中(亀頭)の間に形成される「恥垢(ちこう)」という白いカスのようなものによって、引き起こされるる病気になります。

おちんちんの皮と、おちんちんの皮の中の間に恥垢が溜まっている男性であれば、子供に限らず、大人であっても発症する可能性は有り得ます。

亀頭包皮炎は、治療するために手術は必要なく、病院で処方される抗菌薬を飲むことや塗り薬を塗ることなどで、比較的簡単に治る病気ですので、ご心配なさらないで下さい。

ちなみに、亀頭包皮炎にならないようにするためには、入浴時にお湯でおちんちんの皮の中まで綺麗に洗うよう心掛けることが大事になってきます。

大人でも亀頭包皮炎が心配という方には

大人でも亀頭包皮炎が心配という方には、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングがオススメです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =