包茎だとエイズになる可能性が高いって本当でしょうか?

包茎だとエイズになる可能性が高くなるという噂を良く耳にしますが、実際はどうなのでしょう? ここでは、包茎だとエイズになるのかどうかということについて、ご紹介させて頂きます。

包茎だとエイズになる可能性が高いの?

国際エイズ学会の研究結果によって、包茎の方の男性器に存在している「嫌気性細菌」という酸素を嫌う細菌によって、エイズになるリスクが最大で63%も高まるということが明らかになっています。

包茎である男性は、酸素を嫌う嫌気性細菌の数が、包茎でない男性と比べて、およそ10倍近く多く存在しているのです。

この嫌気性細菌の量が多くなれば多いほど、エイズになってしまうリスクが高まってきます。つまり、この嫌気性細菌がエイズを引き寄せる物質を分泌しているということなのです。

エイズのリスクを少しでも下げたいという方には

エイズのリスクを少しでも下げたいという方には、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングがオススメです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 20 =