勃起するたびに痛い原因は何でしょうか?

勃起するたびに男性器が痛いということがある。これは一体どうしてなのでしょうか?原因は?ここでは、勃起すると痛い原因について、ご説明させて頂きます。

勃起するたびに痛い原因は?

勃起するたびに痛い原因は、勃起時に包皮が剥けていく過程で、小さい包皮口が膨張した亀頭によって、無理矢理拡げられる形になってしまい、痛みを伴っているという可能性が高いです。

こういった状態の男性器は「嵌頓包茎(かんとんほうけい)」と呼ばる包茎の種類の一つになります。嵌頓包茎ですと、一般の方と比べて包皮口が極端に狭いために、勃起時に包皮口が突っ張ってしまうのです。

この嵌頓包茎は、日常生活に支障が出ますので、クリニックではなく、「病院」の泌尿器科で包皮口を切って拡げるという包茎手術によって治療することが可能になっています。嵌頓包茎の包茎手術の場合、保険が適用されますので、費用は大体7000円程度になります。

嵌頓包茎の手術を受けるのが嫌だという方は

嵌頓包茎の手術を受けるのが嫌だという方には、包皮を拡げるトレーニングをオススメします。

1日2回15分間ずつ、包皮を拡げるように左右に強めの力で引っ張って下さい。これを2週間程度継続することで、極端に狭かった包皮が広がってきます。

これによって、性行為の際の挿入時に、包皮が突っ張って痛みを伴ってしまうということは、無くなりますので、是非お試し下さい。

嵌頓包茎の心配がなくなった方にオススメなのは・・・

嵌頓包茎の心配が無くなった方は、仮性包茎の状態になりますので、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングがオススメです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =