仮性包茎の包茎手術には保険が適用されるのでしょうか?

仮性包茎の包茎手術を受けようと考えたとき、手術費用が高いのではないのかということが、どうしても気になってしまいますよね。保険が適応されるのと、適応されないのとでは、手術の費用は大きく違ってきます。ここでは、仮性包茎の包茎手術に保険が適用されるのかということについて、ご紹介させて頂きます。

仮性包茎の包茎手術には保険が適用されるのか?

包茎手術の中にも保険が適用されるものと、保険が適用されないものがあります。包茎手術の中で保険が適用される包茎は、日常生活に支障が出る包茎だけに限られます。

日常生活に支障が出る包茎は「真性包茎」と「嵌頓包茎」です。つまり、包茎手術の中で、保険が適用される包茎は、「真性包茎」と「嵌頓包茎」ということになりますので、仮性包茎の包茎手術には、残念ながら保険が適用されないということになります。

そのため、仮性包茎の包茎手術は病院で受けるのではなく、クリニックで受けることになり、保険が適用されないために、費用もかなり高額になってきます。

包茎手術を受けるのが不安だという方は

包茎手術を受けるのが不安と思われる方には、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングがオススメです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =