仮性包茎の方は悪臭によるデメリットを把握しておきましょう!

仮性包茎というものは、男性器から放たれる悪臭によって、ご自身だけではなく、パートナーの女性や、周囲の方にも迷惑をかけてしまうという大きなデメリットがあります。ここでは、仮性包茎の方には、男性器から放たれる悪臭について必ず把握しておいてもらいたいデメリットについて、ご紹介させて頂きます。

 

仮性包茎の悪臭によるデメリットとは?

仮性包茎の男性器というのは、亀頭が包皮によって覆われていることが殆どになりますので、包皮内に精液や尿、汗等が蓄積されていってしまいます。

包皮内に溜まった精液や尿、汗等は、それだけでも悪臭を放ちますが、次第に恥垢という白いカスのようなものへと形を変え、その悪臭に更に拍車がかかります。

悪臭の度合いによっては、ズボンの上からでも分かり、周囲の人に悪臭が漂っていると気付かれてしまうということもありますので、知らず知らずのうちに周囲の人に迷惑をかけてしまうことになってしまいます。

 

仮性包茎の悪臭を消すには?

クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングをお使い頂きますことで、包皮を剥いて亀頭が露出した状態で維持させることが出来るようになりますので、包皮内に精液や尿、汗等が溜まることが無くなりますので、仮性包茎による悪臭が、次第に無くなっていきます。

仮性包茎による悪臭にお困りの方は、是非、お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =