子供が包茎になってしまう原因を突き止めたい!

子供の包茎について、その原因が分からずに、頭を抱えられているという親御様は、少なくないと思います。ここでは、子供が包茎になってしまう原因について、ご紹介させて頂きます。

 

子供が包茎になってしまう原因は?

男の子というのは、その全員が、生まれたときから誰もが100%包茎の状態になります。これは、まだ抵抗力の少ない子供を雑菌から守るためであり、赤ちゃんにとって必要なものになります。

つまり、子供が包茎になってしまう原因というものは、特に無いのです。そのため、生まれる前から包茎にならないように対処してあげるということも出来ません。

包茎というものは、子供が小さいうちから、正しくケアしてあげることで、子供の成長に合わせて、包茎も治っていきます。子供が大きくなっても包茎のままにならないように、子供が小さいうちから、正しくケアしておいてあげましょう。

 

子供の包茎が治りそうもない場合は・・・

クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングをお使い頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態のまま維持させることが出来、体質や包茎の度合いによっては、次第に、クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングを外しても、包皮が戻って亀頭を覆ってしまうということが無くなってきます。

真性包茎や嵌頓包茎の方の場合は、キトー君やムケル君といった真性包茎や嵌頓包茎の方に向けて製造されている専門器具をお使い頂くことで、約2週間で狭い包皮口を無理なく拡げていくことが出来ますので、その後、クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングをお使い頂くことで、同様の結果を得られます。

子供の仮性包茎でお困りという方は、是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + nineteen =