仮性包茎を治す方法「包茎手術」とは?

仮性包茎を治す方法は、自分で治すものから第三者に治してもらうものまで、その方法の種類は、様々あります。ここでは、仮性包茎を治す方法の一つ「包茎手術」について、ご紹介させて頂きます。

 

仮性包茎を治す方法「包茎手術」って?

包茎手術とは、医者の手によって包茎を治す手術で、仮性包茎特有の余剰包皮を切除してから縫合して包茎を治すというものになります。

余剰包皮を切除しますので、仮性包茎は治りますが、縫合するため、包茎手術を受けたということが一目で分かるような手術跡が残ってしまいます。

また、医師の技量によっては、包皮を必要以上に切除されてしまい、勃起時に突っ張って痛むようになってしまったり、感度が低下してしまったりするといったリスクが伴ってきます。

それと、仮性包茎は、病気に該当しない状態ですので、包茎手術は、病院ではなく、クリニックで受けることになります。病気ではないため、もちろん保険は適用されません。そのため、費用は全て自費になり、とても高額なものになってきます。

 

包茎手術を受けるよりも仮性包茎矯正リングがオススメ!

クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングをお使い頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来、体質や包茎の度合いによっても異なりますが、次第に、包皮が戻って亀頭を覆わないようになってきます。

こうなりますと、包茎手術を受ける必要が無くなってきます。もちろん、手術跡や勃起時の突っ張りによる痛み、性感帯の低下等を心配する必要もありませんので、包茎手術を受けようと考えられていた方は、是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =