嵌頓包茎と短小は密接な関係にあった?

男性器が小さい「短小」の原因は、もしかしたら、男性器が嵌頓包茎だからかもしれません。ここでは、嵌頓包茎と短小の関係性について、ご紹介させて頂きます。

嵌頓包茎だと短小になるって本当ですか?

短小の原因は、一つだけではなく、数多く存在していますが、その原因の一つとして「嵌頓包茎(かんとんほうけい)」が挙げらているのは事実です。

嵌頓包茎は、露茎や仮性包茎と比べて包皮口が狭いため、非勃起時には包皮を剥いて亀頭を露出させることが出来るももの、勃起時には包皮を剥いて亀頭を露出させることが出来ません。

嵌頓包茎ですと、亀頭が包皮によって覆われ続けることが殆どになりますので、亀頭が包皮によって圧迫され続けてしまうことになり、包皮の圧迫によって亀頭の成長が阻害されてしまいます。その結果、短小になってしまうのです。

嵌頓包茎で短小を何とかしたい方は・・・

嵌頓包茎で、短小を何とかしたいという方は、包皮を拡げるトレーニングをオススメします。

1日2回15分間ずつ、包皮を拡げるように左右に強めの力で引っ張って下さい。これを2週間程度継続することで、極端に狭かった包皮が広がってきます。

これによって、性行為の際の挿入時に、包皮が突っ張って痛みを伴ってしまうということは、無くなりますので、是非お試し下さい。

嵌頓包茎の心配がなくなった方にオススメなのは・・・

嵌頓包茎の心配がなくなった方にオススメなのが、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + eleven =