嵌頓包茎の方が知っておくべき洗い方の注意点!

嵌頓包茎の方は、包皮口が狭いため、勃起時に包皮を剥いて亀頭を露出させることで、亀頭を締め付けて痛みを伴ったり、元に戻らなくなってしまったりすることがあるため、洗い方にも注意点があります。ここでは、嵌頓包茎の方が知っておくべき洗い方の注意点について、ご紹介させて頂きます。

嵌頓包茎の洗い方の注意点

嵌頓包茎の方ですと、包皮口が狭いため、包皮内に尿や精液、汗等が、溜まりやすく、これらが固まった恥垢も溜まりやすくなってきますので、可能な範囲で結構ですので、亀頭だけでなく、包皮の内側まで、石鹸やボディーソープの泡で、隅々まで綺麗に洗いましょう。

包皮の内側や亀頭を洗っている際、石鹸やボディーソープの泡で滑って、不意に包皮が剥けて亀頭が全て露出してしまうこともありますので、そうなったら泡で滑らせて、直ぐに元の状態に戻して下さい。

嵌頓包茎を何とかしたいという方には・・・

嵌頓包茎で、病院に行くのが恥ずかしいという方は、包皮を拡げるトレーニングをオススメします。

1日2回15分間ずつ、包皮を拡げるように左右に強めの力で引っ張って下さい。これを2週間程度継続することで、極端に狭かった包皮が広がってきます。

嵌頓包茎の心配がなくなった方にオススメなのは・・・

嵌頓包茎の心配が無くなった方は、仮性包茎の状態になりますので、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングがオススメです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − five =