仮性包茎を自力で治す方法「ジェルキング法」って?

仮性包茎は、わざわざ高額な費用を支払って包茎手術を受けなくても、自力で治す方法があります。ここでは、仮性包茎を自力で治す方法の中の一つ「ジェルキング法」について、ご紹介させて頂きます。

 

仮性包茎を自力で治す方法「ジェルキング法」とは?

ジェルキング法とは、男性器の根元から亀頭の先端に向けて、加圧しながら押し出すことを繰り返し行うことで、仮性包茎を自力で治す方法のことを指します。

このジェルキング法を繰り返し行い、亀頭に血液を送り続けることで、亀頭に蓄えられる血液量が増え、亀頭が大きくなっていきます。

亀頭が大きくなっていくことで、包皮がカリに引っ掛かるようになりますので、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態のまま維持させられるようになります。

さらに、この状態のままお過ごし頂くことで、包皮に少しずつ「剥き癖」が付いていき、シッカリと剥き癖が付いていきましたら、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態のまま包皮が戻らなくなる「露茎」の状態になるという訳です。

早速、仮性包茎を自力で治す方法「ジェルキング法」の具体的な手順をお教えします。まずは、お湯やホッカイロなどを男性器に当て、非勃起の状態の男性器を温めます。

男性器が温まってきましたら、亀頭を掴んで非勃起の状態の男性器を伸ばすように引っ張ります。これを30秒10セット繰り返して下さい。

次に、親指と人差し指で半勃起の状態の男性器の根元を強く握り、亀頭に男性器の中の血液を流し込むようにスライドさせていき、亀頭の手前まで来たら5秒間手を止めます。これを10分程度繰り返して下さい。

これで、仮性包茎を自力で治す方法「ジェルキング法」は、完了です。

 

仮性包茎を自力で治す方法「ジェルキング法」が面倒な方は・・・

クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングをお使い頂きますことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来、体質や包茎の度合いによっても異なりますが、次第に、クマッキーをはじめとする仮性包茎矯正リングを外しても、包皮が戻って亀頭を覆うことが無くなってきます。

仮性包茎でお困りの方は、是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + five =