包茎手術の種類の一つ「PPレーザー治療法」とは

包茎手術を受ける際、どういった方法で手術することになるのか、包茎手術を受ける側としては、どうしても気になってしまうものですよね。ここでは、包茎手術の種類の一つ「PPレーザー治療法」について、ご紹介させて頂きます。

包茎手術の種類の一つ「PPレーザー治療法」って?

包茎手術の種類の一つ「PPレーザー治療法」とは、包茎手術で主に用いられている手術道具であるメスを使用するのではなく、「レーザー」を使用して、包皮を切除する包茎手術の種類のことを指します。

亀頭の直ぐ下の部分にある余剰包皮をレーザーを使用して切除します。余剰包皮を切除した後は、一般的な包茎手術と同じで、レーザーで切断した部分を縫い合わせていくという形になります。

PPレーザー治療法で使用するレーザーは、温度千数百度にもなる高温の熱線になりますので、切断するのと同時に、切断面がレーザーによって焼き付けられますため、一般的な包茎手術と比べて出血量が少なくなります。

ただ、この包茎手術の種類の一つであるPPレーザー治療法は、メスよりも切断面が汚なくなってしまい、手術跡が目立つようになってしまうというデメリットがありますので、PPレーザー治療法は、仕上がりを気にしてしまう方には、あまりオススメすることが出来ない包茎手術の種類ということになります。

包茎手術を受けなくても包茎を対処出来る方法

包茎手術を受けずに、包茎を何とか対処したいという方にオススメなのは、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =