包茎手術の種類の一つ「グランプ法」とは

包茎手術を受ける際、どういった方法で手術することになるのか、気になってしまうものですよね。ここでは、包茎手術の種類の一つ「グランプ法」について、ご紹介させて頂きます。

グランプ法とは

包茎手術の種類の一つ「グランプ法」は、グランプという包茎手術の専用器具を用いた包茎手術のことを指します。

グランプという包茎手術の専用器具は、メスで余分な包皮を切る際のガイドのようなもので、男性器にグランプを被せることで、何処を切れば良いのか一目で分かるようになりますので、経験の浅い方でも簡単に余分な包皮を切除することが出来ます。

ただ、グランプ法は、その構造上、包茎手術を受けたということが目立ってしまう仕上がりになってしまいますので、仕上がりを気にしてしまう方には、あまりオススメすることが出来ない包茎手術の種類ということになります。

包茎手術を受けるのが怖いし恥ずかしいという方には

包茎手術を受けるのが怖いし恥ずかしいという方には、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングがオススメです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − ten =