包茎手術のデメリット

こちらの記事では、包茎手術のデメリットについて、ご紹介させて頂きます。

①傷跡が出来る

包茎手術は、余っている包皮を切除しますので、どうしても傷跡が残ってしまいます。傷跡によって、包茎手術を受けたことがバレてしまうというのが、包茎手術のデメリットです。

②感度の変化

包茎手術を受けることで、亀頭が剥き出しの状態になり、下着等で常時刺激を受けるようになって、鈍感になってしまったという方が多く居ます。

③お金がかかる

3万円程度で包茎手術を受けれるとうたっている美容クリニックが多くありますが、ほとんどが、傷跡が目立つと不安を煽り、傷跡を目立たなくする注射等を射ち、結果的に数十万円もの手術費用になってしまいます。

包茎手術を受けるのが不安だという方は

包茎手術を受けるのが不安だという方にオススメのアイテムは、クマッキーをはじめとする仮性包茎リングです。

クマッキーをはじめとする仮性包茎リングをご使用頂くことで、包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で維持させることが出来ます。

これは、仮性包茎ではない一般の方と同じ状態になりますので、包茎特有の悩みからも解放されます。

価格も2~3千円程度になりますので、包茎手術の費用数十万円~数百万円と比べて、かなり安く済みます。是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × one =