Q1. 包茎とは何ですか?

A1.

ペニスが勃起していない状態において、亀頭が包皮(ほうひ)に一部又は全部被い隠されている状態で「皮かむり」とも言います。

成人男子でも高い頻度でみられ、様々な 弊害 や症状を伴うといわれます。包茎は大別して包茎は、一般的に真性包茎、仮性包茎、カントン包茎の3つの種類に分類されます。

>>包茎について詳しくはコチラ

Q2. 仮性包茎とはどのようなペ二スですか?

A2.

勃起時または平常時に、包皮を反転させ(皮を剥き)無理なく亀頭を露出できるペニスのことを言います。

勃起している時は亀頭が完全に露出しますが、勃起していない時は、亀頭が包皮で覆われるペニスを仮性包茎と言います。露出とは、自然に皮が剥ける場合または指を使ってムケル場合を言います。

Q3. 真性包茎とはどのようなペ二スですか?

A3.

手でどんなに包皮を引っ張って剥こうとしても、亀頭を露出させることができないペニスをいいます。

真性は、包皮の先端の輪が狭ために亀頭を露出できない場合と、包皮の内側(内板)と、亀頭の表面が癒着しているため露出できない場合と、その両者が合併している場合があります。

Q4. 包茎は自分で判断出来ますか?

A4.

包皮を剥き亀頭を露出し、ペニスが勃起した時に痛みがあるか否かで判断出来ます。全く痛みを感じなければ仮性包茎ですが、多少でも違和感や痛みを感じたら真性包茎の可能性があります。その様な場合は、年齢に関係なく専門医に診てもらいましょう。

Q5. 仮性包茎は異常または病気ですか?

A5.

仮性包茎の割合は、人種によって異なり、欧米人に比して東洋人に多いと言われます。日本人の6〜7割が仮性包茎 とも言われ、むしろ仮性包茎が正常との説もあります。

つまり、仮性包茎は異常でも病気でもないですから、心配ないと思います

Q6. 包茎は自然に治りますか?

A6.

大人の大半は、仮性包茎であることから分かるように、大人になったからとか、結婚したからとかと言っても、残念ながら包茎は自然に治りません

Q7. 仮性包茎は直す必要がありますか?

A7.

常に清潔にしておけば、治す必要は無いと思います。
しかし、気になるようでしたら、治した方が今後の 人生にプラス の場合が多いと思います。治れば メリット が多いです。

Q8. 入浴時に注意する点は何ですか?

A8.

仮性包茎の人は入浴の際、包皮を剥いてお湯できれいに洗い流しましょう。

この際、石鹸でごしごし洗う必要はなく、毎日お湯で亀頭を良く洗い恥垢をきれいに洗い流せば十分です。もちろんシャワーで洗い流すだけでもOKです。

石鹸の種類は何でもOKです。浴用タオル、手ぬぐい等で洗うか、手指で直接洗ってもOKです。

Q9. 包茎はどのようにして治すのですか?

A9.

包茎を治す方法は次の5つに大別されます。

  1. 外科的整形手術による方法
  2. ペニスに薬を塗付する方法
  3. 簡易型矯正器具(医療補助器具)等による方法
  4. 特殊な接着剤で固定する方法
  5. 自家用備品

クマッキー をはじめ、いわゆる包茎矯正リングは3の方法になります。このタイプは、普段何もしないくても、装着するだけで包皮に 剥き癖(形状記憶)が、付くことにより包茎が解消するタイプで、どの矯正リングでも効果はあるようです。

Q10. 何科の医師に診て貰うのですか?

A10.

泌尿器科が良いですが、いきなり泌尿器科へ行くのに抵抗を感じることもありますので、普段かかりつけの(内科、小児科)医師に先ず相談し、そこから紹介してもらうのが安心でしょう。

包茎の手術は泌尿器科又は形成外科で実施しています。手術は健康保険の対象にならない場合が多いですので、必ず、手術費用等を確認しておくことが大切です。

Q11. 包茎矯正器具について説明して下さい

A11.

包茎矯正器具は、包茎矯正器具、包茎矯正リング、包茎グッズ、包茎改善器具、包茎改善リング、仮性包茎矯正装置、等々いろいろな呼び名があります。

これらは、ほとんど、日本国薬事法で定める医療雑貨に分類され、医療器具の登録を必ずしも必要としないのが現状です。従いまして、商品の効果効能を記述できません。ご使用される場合は、商品の構造、材質、機能等を参考にご自分で判断する必要があります。

>>包茎矯正器具 クマッキーについてはコチラ

Q12. どのくらいで包茎矯正はできますか?

A12.

包茎矯正グッズを使用した方の、年齢、包茎の程度、体質等により包茎矯正解消までの期間は個人差があります。

その為、一概に何ヶ月とはいえませんが、早い人で3ヶ月後に解消した例もあります。(例えば視力矯正、発毛、体質改善等と同じようにその目的までの期間に個人差が有りますので気長にお使い下さい。)

>>包茎矯正解消までの手順について詳しくはコチラ

仮性包茎リング「クマッキーシリーズ」

ページ上部へ

Total :*
昨日:* 本日:*