ほうけいリングとは

ほうけいリングとは仮性包茎を対策するためのリングです。 ペニスにリングを装着し包皮をむいた状態で固定して亀頭を露出する目的のために使用します。
常に剥いた状態を保つことができるので、ほうけいリングをつけている間、ペニスを清潔にキープすることができます。

主に亀頭の下部分(カリ)に装着し、天然ゴムやシリコンで出来ているため、人体への影響はございません。

ほうけいリングのメリット・デメリット

ほうけいリングのメリットとして、着脱やお手入れ等の取扱いが容易で他のほうけい対策方法より安価なケースが多いというメリットが最初にあげらます。
また、種類や商品数が豊富で、包皮が長い人用・平常時と勃起時の差が大きい人用・スポーツタイプなど用途に合わせ選択することが可能です。

一方、デメリットとしては、商品によっては落下の恐れがあったり、朝立ちや突然の勃起で締め付けられる、その見た目からバレやすいなどがあります。
また、使い分けが必要だったり、サイズが合わず使用できないなど個人差による不便さが商品によっては生じてしまうこともあります。
さらに、真性包茎には使用不可・無理な使用でペニスに傷やあざが一時的に発生することもあります。

ほうけいリングの種類

ほうけいリングは、その構造からOタイプリング、Cタイプリング、Uタイプリングなどがあります。
種類も様々ですし、物によってはペニスが締めつけられて痛かったりする場合もあるようです。
また、海外製のほうけいリングはサイズが大きく外れてしまうこともあるので、日本人のサイズで作られた日本製が良いようです。

サイズだけではなく、朝立ちなど就寝時にも対応できるように柔らかく作られた商品や、運動時に対応できるよう硬めに作られた商品などTPOに合わせた商品も存在します。
状況に合わせた商品を選択することで、外れたり、痛みを感じたりすることなく安心して装着することができます。

さらに、磁石を内蔵した商品や24時間どんな状況でも対応できる進化したほうけいリングもあります。

ほうけいリングは痛い?

昼間用のほうけいリングの場合は、不意に勃起した時に締め付けられ痛みを覚えるケースがあります。
また、商品によって、足を組んだり取り外しの際などに、突起部分との接触等で痛みを伴う場合があります。
特に、勃起した時の取り外しで怪我をするケースもあります。
柔らかい素材で作られているほうけいリングであれば、痛みは少なくなります。

ほうけいリングの使い方

基本的な使用方法は、商品に付属の取扱説明書に添ってご使用頂ければ問題はございません。
使用中に、異常・極度の違和感を感じたた場合には使用を中断して、完全に治ってから使用を再開するようにして下さい。

また、衛生のから、こまめな洗浄を心掛けて下さい。

真性包茎の場合はご使用いただけません。
ほうけいリングは、無理なく亀頭を露出させることが使用できる条件になります。

ほうけいリングを付けたままのSEXは非常に危険です。性行為の際には取り外してください。

ほうけいリングで刺激に強くなる

ほうけいリングは、包皮を固定し剥いた状態を固定するものですので、皮を無くすというものではありません。
ただ、ほうけいリングを使用することで、亀頭を強制的に露出したまま生活ができますので、亀頭がパンツ等と擦れ合いその摩擦による刺激を常に受け続ける事になります。
そのため、刺激に強くなるためのトレーニングを包茎対策と同時に行うことができます。

ほうけいリングの入手方法

ほうけいリングは、通販での入手が簡単で種類も豊富でオススメです。
一部の商品はアダルトグッズを販売しているお店で入手可能な場合もあります。

ほうけいリング「クマッキーシリーズ」

ページ上部へ

Total :*
昨日:* 本日:*