注文方法

会社概要

購入者様専用
クマッキーTOP > (参考)勃起不全、勃起障害に関するアンケート関連記事

勃起不全、勃起障害等に関するアンケート関連記事1

勃起機能不全(勃起不全)とは:「性交のための十分な勃起を達成または持続出来ないこと。」(メルクマニュアル第17版p1841)

東京の博慈会総合病院顧問の白井将文(元東邦大学教授)さん達が中心となり、まとめた疫学調査によると、日本では、勃起不全等患者は少なくともおよそ450万人、最大で980万人になるという。そのほとんどが医療施設を受診していない、いわば潜在的な患者であるから深刻だ。

一般には勃起不全(Erectile Dysfunction=ED)は加齢やストレス等の心理的要因で生じ、ある程度仕方がないものとの考えが強い。確かにそう言う面もあるが、心臓病など様々な疾患が引き金になっている事が多い。

1994年に40歳代〜70歳までの男性を対象にした米国での調査(マサチューセツ・メイル・エイジング・スタディ)では、『心臓病』患者の39%がEDを合併していたという。同様に『糖尿病』では28%、『高血圧症』患者では15%であった。また、心臓病患者の65%前後の人がEDに悩んでいるという結果だった。

日本ではどうか?。白井先生達の調査によると、糖尿病患者では最大約100万人、高血圧症患者では同235万人がEDの原因疾患になっているという。

糖尿病や高血圧などはEDのリスクファクター(危険因子)である。危険因子にはこのほか『動脈硬化』『ウツ病』『腎臓疾患』『脳腫瘍』『アルツハイマー病』などがある。

さらに、これらの疾患の治療に用いられる血糖降下剤などの『薬剤』や『喫煙』、『過度の飲酒』も危険因子になる。最近、米国の研究者が自転車に長時間乗ると性機能の低下が見られるという報告を出した。



勃起不全、勃起障害等に関するアンケート関連記事 2

「勃起障害(ED)に悩む男性は、60代以上では過半数にのぼることが、専門家の調査で明らかになった。日本全体の患者数は「軽度」の含めると、980万人を超えると推計されている。(EDの患者数を推計する本格的な疫学調査は初めて)

この調査は泌尿器科、精神科の医師や疫学者でつくる「成人男性の健康と性に関する調査委員会」が2002年1月と2月に実施。全国の30歳〜79歳までの2000人に調査票を郵送し、1019人から回答を得た。

調査メンバーの丸井英二・国立国際医療センター研究所部長によると「いつも勃起できない」(完全ED)or「たまに勃起できる」(中等度ED)と答えた人は、40代前半で20%、50代前半で36%、後半で47%だった。60代では、前半が57%、後半が70%と半数を超えている

この結果を白井将文・博慈会記念総合病院顧問が国内の男性人口にあてはめて計算したところ、完全EDの人は約174万人、中等度EDは約800万人。軽度も含めると980万人以上になった。

今年実施した若年層を対象の調査結果が加われば、推計患者数はさらに増えるとみられる。日本性機能学会のメンバーが国内の30〜79歳の既婚男女約4000人から回収したアンケートで、約3割が十分な性交渉が出来ない勃起障害(ED)の悩みを持っていることが分かり、神戸市で行われた第6回アジア性科学学会で発表された。

EDの男性で医師に相談したことがあるとした人は4.8%にすぎず、調査した日大医学部泌尿器科の滝本至得教授は「かなりの人がEDなのだが恥ずかしいなどの理由で受診しない人が多い。きちんとした診断を受けるべきだ」としている。

アンケートでは、「EDの自覚の有無」で、男性の29.9%、女性はパートナーについて30.1%が自覚があると回答し、男女ともほぼ一致する。

「性生活への満足度」で「とても満足」「まあ満足」としたのは、夫がEDでない女性では55.9%だったのに対し、夫がEDの女性は23.6%と半分以下にとどまり、EDはパートナーの満足度にも影響があることも分かった。

アンケートは2002年4月、全国の既婚の男性5500人、女性4800人に実施、男性2034人、女性1820人から回答を得たという。



仮性包茎リング「クマッキーNEO」



ページの先頭へ     クマッキーTOPへ     一つ前へ戻る
クマッキー
人気の秘密
好みのタイプに
使い分けられる
磁石で
パワーリングに
磁石の力について
勃起不全の
データ
勃起不全に
関する記事
取扱商品一覧
増大鍛練法メルマガ
お名前(ニックネーム可)

メールアドレス
大人になって包茎で悩まない赤ちゃんのおちんちんケア
楽天 アイショップ
Amazon ダンディーセレクト

昨日: 本日: